☆第450回WEEKEND FOR-REST : GUEST* 絢香☆
[7.30 sat]

今朝も2時間ありがとうございました!!
6時台には‥今年デビュー10周年を迎えた絢香さんをお迎えしました☆*。

過去にはMUSIC FREAKSでDJを担当されていたということで、
はじめてFM802にこられた時の思い出も聞かせていただきました。

先月BEST ALBUM「THIS IS ME〜絢香 10th anniversary BEST〜」をリリースされました!!
12月には大阪城ホールで『10th Anniversary SUPER BEST TOUR』と題されたライブが行われますよー♪*

●BEST ALBUM「THIS IS ME〜絢香 10th anniversary BEST〜」発売中!!

●「Walkin’Talkin’-徒然ダイアローグ-」毎週日曜日21:00〜22:00
 ※絢香さんとアンジェラ・アキさんの対談は明日7/31まで。

【 絢香 10th Anniversary SUPER BEST TOUR 】
・12/17(土),18(日) 大阪城ホール

Official Site*** http://room-ayaka.jp
――――――――――――――――――――――――――――
明日のWEEKEND FOR- RESTは…

・【 城領明子 】さんをゲストにお迎えします♪*.
・日曜のおでかけオススメSPOTをご紹介する「気ままにPARK LIFE」のコーナーでは‥
【 アートアクアリウム 】をご紹介します!!

WEEKEND FOR-RESTは朝5時からON AIR〜っ☆

☆パリっとシネマ☆
[7.30 sat]


土曜日6時台のレギュラーコーナー”パリっとシネマ”。
今朝ご紹介したのは、本日公開の映画「ターザン REBORN」でした。

生後間もなく国の反乱が原因で、アフリカ/コンゴのジャングルで動物たちに育てられた英国貴族:ターザンは、美しい妻ジェーンとロンドンで暮らしていました。

ある日、政府の命令で故郷へ戻るも、それは巧妙な罠で、ジャングルを侵略された上に、妻がさらわれてしまうことに。

愛する妻と故郷を取り戻すべく、ターザンは内なる野性を呼び覚まして戦うことを決意するのですが…というストーリー。

1912年の誕生以来、映画やアニメなどで度々映像化されてきた冒険小説を、「ハリー・ポッター」シリーズで後期4作品を手がけたデヴィッド・イェーツ監督の手によって新たに生まれ変わった「ターザン」。

監督はじめ、プロデューサー、美術監督、編集スタッフが「ハリー・ポッター」シリーズから再集結。完全オリジナルストーリーで描かれる今作。

密林の冷気さえ感じさせる圧巻の映像美、最先端CGによる野生動物との競演、数万の動物たちが地響きを轟かせる圧倒的なスケールの映像体験は、劇場で見るべき作品です!

既に公開されている全米では、フリーフォールや、ジェットコースターにも匹敵する“ライド感”が味わえると話題に。

ターザンといえば、雄叫びと共に繰り広げられる蔦から蔦へ飛び回る姿‥この超有名なアクションシーンを、最新VFXと3D映像によって圧倒的な臨場感で演出。

そんな、重力さえも無視した全方向から撮影されたカメラワークも必見!!
ジャングルを縦横無尽に高速で飛び回るターザンと一体化するスピードと、解放感、爽快感も味わえるアクションシーンは、劇場ながらテーマパークのライド感覚でお楽しみ下さい!

今朝ご紹介した「ターザン REBORN」は、 大阪ステーションシティシネマ、TOHOシネマズ梅田他で本日公開!!

☆ 第449回 WEEKEND FOR-REST : 気ままにPARK LIFE ☆
[7.24 sun]


日曜日のレギュラーコーナー”気ままにPARK LIFE”♪*
今日のお出かけの参考になる!!してほしい!!情報をお届け***
今朝ご紹介したのは、 大阪市立美術館で開催中「デトロイト美術館展 -大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち-」でした。

アメリカ・ミシガン州のデトロイト美術館より、近代ヨーロッパ絵画の名品52点が来日中!!
1885年の開館以来、世界屈指のコレクションを誇るデトロイト美術館は、アメリカでゴッホやマティスの作品を初めて購入した公共美術館としても有名です。

今回の展覧会では、モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、モディリアーニ、ピカソなど、印象派か20世紀フランス/ドイツ絵画に至る名品が一堂に集結。洋画ファン必見の企画展となっています。

ファンならずとも、どこかで見たことがある有名な作品ばかり。そんな名画をカジュアルに楽しむことができます。


☆平野的”オススメポイント”☆

< 危機を乗り越えた作品たち >

アメリカを代表する美術館のひとつである”デトロイト美術館"が存続の危機に陥ったことがあります。
2013年7月のデトロイト市 財政破綻により、市の財源確保を目的として所蔵品売却の可能性が取りざたされました。
しかし、国内外からの協力や市民の声により、作品は1点も失われることなく市民の憩い・学びの場として存続しています。


< 日本初上陸となる作品も >

デトロイト美術館の充実したコレクションの中から、日本初上陸の15点を含めた全52点。
印象派を代表するモネやルノワールの色鮮やかな作品がお出迎え。
ゴッホの“自画像”、日本初上陸となる晩年の作品“オワーズ川の岸辺、オーヴェールにて”などの超有名な作品も。
最後のセクションでは、色の魔術師:マティスの傑作“窓”、モディリアーニの代表作“女の肖像”などで締めくくり。
照明を落とした暗めの館内。迷路のような構造も非日常な異空間。
名前は知らなくても、どこかで見たことある作品ばかり。ランダムにいろんな作品を画集を見ているかのような感覚で。
これは有名!という作品はパネル付でわかりやすくなっていますよ。


< 曜日限定で、写真撮影可能 >

このような名画が集う展覧会では写真撮影はNGですが、今回は曜日限定ながら、全作品写真撮影OK!!
というのも、デトロイト美術館内の多くのギャラリーでは、来館者による写真撮影が許可されているそうで、今回の企画展でも写真撮影が許可されています。(中にはSNSなどへのアップが禁止となっている作品もありますのご注意ください。)

気になる撮影可能な曜日ですが、祝日を除く、7月と8月の火曜/水曜/木曜。
名画の数々を写真に収めたいという方はこちらの日程で是非♪

ご紹介したのは、大阪市立美術館で開催中「デトロイト美術館展 -大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち-」でした。

<開催期間> 〜9/25(日)まで。
<開館時間> 9:30-17:00(入館は16:30まで)
<休館日> 毎週月曜日(8/15、9/19は開館)
<入館料> 一般:1500円、大学生/高校生:1000円(中学生以下は無料)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
来週のWEEKEND FOR-RESTは‥◎

7/30(土)→【 絢香 】さん
7/31(日)→【 城領明子 】さん‥をゲストにお迎えします♪*.

それではまた来週土曜日朝5時”WEEKEND FOR-REST”でお会いしましょー♪

☆第448回 WEEKEND FOR-REST : パリっとシネマ☆
[7.23 sat]

土曜日6時台のレギュラーコーナー”パリっとシネマ”。
今朝ご紹介したのは、現在上映中の映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」でした。

エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、勝利を収めてから20年が経過。
人類はさらなる襲来に備え、エイリアンが残した宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを構築するも、2016年7月再び、エイリアンの宇宙船が出現。
彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドンといった都市を次々と襲撃。
猛攻撃は続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまうのですが…というストーリー。

96年に製作/公開され、世界中で大ヒットを記録したSF超大作「インディペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。
監督は、前作も手がけたディザスター映画の巨匠:ローランド・エメリッヒ。
戦闘機パイロットの主人公ジェイク役を「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースが演じ、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムら前作から続投したキャストもいます。
今作では出演はかなわなかったものの、前作で地球を救った“ヒーロー”となり、ホワイトハウスの額縁に収まる元エースパイロット:ヒラー大尉(ウィル・スミス)の姿もファンにはたまりませんでした。

今なおSFパニック作品のアイコンとして新たなファンを獲得し続けている前作。

意外なことにエメリッヒ監督は「確かにオスカーは獲ったけど、すごくフラストレーションが溜まっていた」と。
それは、自身のビジョンを余すところなく表現するための技術がまだなかったことにあったそう。
今作は技術革新に伴い、続編製作を決意。最新のビジュアルエフェクトを用いた映像の連続。
全貌がはっきりとしなかったエイリアンもここぞとばかりに大暴れ!!

それだけで収まらないのは前作でも実証済み。国や民族の壁を超えて一つになること、人々が団結することの大切さもしっかりと描かれています。思わず涙な粋な演出も劇場で是非◎

今朝ご紹介した「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」は、 大阪ステーションシティシネマ他で上映中◎
―――――――――――――――――――――――――――――

明日のWEEKEND FOR- RESTは…

・日曜のおでかけオススメSPOTをご紹介する「気ままにPARK LIFE」のコーナーでは‥
大阪市立美術館で開催中【 デトロイト美術館展 】をご紹介します!!

WEEKEND FOR-RESTは朝5時からON AIR〜っ☆

☆ 第447回 WEEKEND FOR-REST : 気ままにPARK LIFE ☆
[7.17 sun]


日曜日のレギュラーコーナー”気ままにPARK LIFE”♪*
今日のお出かけの参考になる!!いや、してほしい!!情報をお届け***
今朝ご紹介したのは、 大阪中之島・国立国際美術館で開催中「特別展 始皇帝と大兵馬俑」でした。

20世紀の考古学で最大の発見のひとつといわれる「兵馬俑」。
1974年の発見以来、今もなお発掘調査は続いています。
史上初めて中国大陸を統一した秦の始皇帝が、自らの陵墓のために作らせた兵馬俑と銅車馬を中心に、秦と始皇帝にまつわる貴重な文物を紹介する展覧会が、国立国際美術館で開催中です。

☆平野的”オススメポイント”☆

<秦王朝のサクセスストーリー>

辺境の一小国に過ぎなかった秦が巨大帝国になるまでの“サクセスストーリー”を、代表的な作品とともにわかりやすく紹介。
始皇帝による中国統一の前に、500年以上にわたる秦の波乱に満ちたドラマがありました。
これまでにない斬新な視点で天下統一に至るプロセスを知ることができます。

ヤングジャンプで連載中の人気コミック「キングダム」にハマっている方は必見!!
この「キングダム」は、古代中国の戦国時代、秦を舞台にした作品。
そこで、今回は東京で開催された「山手線キングダム展」の一部を公開。
規模は決して大きくありませんが、貴重な原画の複製が展示されています。会場に入る前にこちらもぜひ(観覧無料)です◎


<兵馬俑の魅力>

企画展は、全部で3つのセクションで構成されています。「秦王朝の軌跡」「始皇帝の実像」、そして「始皇帝が夢見た“永遠の世界”」と題された兵馬俑と銅車馬が展示されたセクション。
メインは始皇帝の墓を守るために作られた約8,000体もの軍団から選ばれた10体の兵馬俑。
高さ約170〜190センチ。1体ずつ顔、着衣、ポーズ、階級も異なります。
将軍俑、騎兵俑、馬使いの馬丁俑、芸人の雑技俑まで、バラエティーもサイズの大きさも始皇帝の兵馬俑は規格外。
自分の死後も世界を支配しようとした始皇帝の“永遠を求めた野望”が、ひしひしと伝わってきます。永遠を守るための軍団の圧倒的な迫力を、会場でご覧になってください!


<記念撮影コーナー&キッズデーもあり>

展示だけでも異様な存在感を放つ会場の最後に、もう一つ仕掛けが‥!!
約60体もの兵馬俑レプリカが並ぶ記念撮影コーナー。
撮影が禁止されている企画展が多い中で、最近は記念撮影専用のコーナーを設ける展覧会も増えてきていますが、ここまで凝ったものは初めて見ました。
更に今週末は、親子で楽しめる特別企画もあり◎
7/16〜19の期間、紙コップで作る兵馬俑ワークショップや、親子向けミニレクチャーなどが開催されます。
開催日時や内容は、公式HP(http://heibayou.jp)でご確認下さい。8月にも開催が予定されていますよ。

ご紹介したのは、  大阪中之島・国立国際美術館で開催中「特別展 始皇帝と大兵馬俑」でした。

<開催期間> 〜10/2(日)まで。
<開館時間> 10:00-17:00(金曜は19時まで開館/入館は閉館30分前まで)
<休館日> 毎週月曜日(但し、7/18(祝・月)&9/19(祝・月)は開館)
<入館料> 一般:1500円、大学生:1200円、高校生:600円(中学生以下は無料)


DJ平野聡がお送りする週末早朝プログラム「WEEKEND FOR-REST」晴れ
パリッと爽やかに1日のスタートを演出します芽晴れ
週末に役立つ、イベントや映画などの様々な情報もお届けしまするんるん

6時台→今年デビュー10周年。先日ベストALもリリースした
絢香さんがゲストで登場晴れ

●土曜日の6時台は【パリシネ】
週末は映画でパリッと過ごしませんか? 「パリッとシネマ!」

今朝は本日公開「ターザン REBORN」をご紹介ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
朝の森のような爽やかな、ゆったりとした1日のスタートを平野聡が演出します。