EDUCATION LEADER NOW

エデュケーション・リーダー参加申し込み数 62,029
50問テスト回答数 43,248
エデュケーション・リーダー数 10,716
正解率 24.78%

(2011年01月19日現在)

お問い合わせ先

FM802 エデュケーション・リーダー・キャンペーン事務局

50問テストにチャレンジしよう!

セックスによるHIV感染率は1%以下なので、セックスでの感染はまずありえないといってよい。
感染したと思う機会からすぐにHIV検査をしても正確な結果が得られない
HIVは水中や空中では生きられない。
HIVに感染しても長い間AIDSを発症していない人がいる。
日本ではHIV感染者やAIDS患者が差別されたことがない。
同性愛者というだけで、AIDS患者という偏見をもつのは許されないことである。
今後アジアが最大の感染地域になると言われている。
AIDSは私たちの身近にない、遠い国の病気である。
HIV感染者やAIDS患者の血を吸った蚊に刺されるとHIVに感染することがある。
HIVに感染しても、症状がなければ、他の人には感染しない。
日本ではAIDS患者は、2000年代に入ってから少しずつ減っている。
HIVの感染ルートや予防法は、はっきり分かっていない。
コンドームは、ていねいに、傷がつかないように取りあつかうべきだ。
HIV感染者、AIDS患者は、今後あまり増加しない。
オーラルセックスならHIVに感染する心配はない。
AIDSは薬物常用者や同性愛者だけの特別な病気である。
AIDSとは、後天性免疫不全症候群のことである。
保健福祉センターや保健所・chotCASTでHIV検査を受けるときは、身分証明書が必要である。
HIV感染の不安がある人は、保健福祉センターや保健所、chotCASTでのHIV検査を無料で受けることができる。
HIV感染者の血液でも、皮膚に触れただけでは感染しない。
HIV・AIDSに対する無知から、偏見や差別が生じている。
日和見感染症は、HIVに感染するとすぐにおこる。
涙や汗にHIVはほとんど含まれていない為、感染力はない。
HIV感染がわかったら、すぐ医師の診察を受けたほうがよい。
HIVに感染しても治療でウイルスを抑え込むことができれば、人に感染させにくい。