EDUCATION LEADER NOW

エデュケーション・リーダー参加申し込み数 65,491
50問テスト回答数 46,562
エデュケーション・リーダー数 10,980
正解率 23.58%

(2011年01月19日現在)

お問い合わせ先

FM802 エデュケーション・リーダー・キャンペーン事務局

50問テストにチャレンジしよう!

HIV・AIDSに対する無知から、偏見や差別が生じている。
HIV・AIDSは世界的に流行している感染症である。
HIV感染者、AIDS患者は、今後あまり増加しない。
HIV・AIDSの知識は自分だけがわかっていればそれでよい。
性感染症にかかっていると、HIVに感染する確率が高くなる。
HIV・AIDSについての正しい知識を伝えあうのは意味のあることだ。
日本でも、HIV感染者の宿泊が拒否された事がある。
HIVは水中や空中では生きられない。
AIDSとは、病名の英語の頭文字をとったものである。
HIVはごくまれだが、空気感染することもある。
HIV感染者やAIDS患者を社会が支える必要はない。
保健福祉センターや保健所・chotCASTでHIV検査を受けるときは、身分証明書が必要である。
AIDSとは、子孫にも遺伝する病気である。
HIVに感染しても、症状がなければ、他の人には感染しない。
HIVの感染経路は、性感染以外に血液感染と母子感染がある。
HIVに感染している女性が妊娠、出産すると子供には100%感染する。
HIV感染の不安がある人は、保健福祉センターや保健所、chotCASTでのHIV検査を無料で受けることができる。
HIVは母子感染する場合があるが、これは遺伝によるものではない。
AIDSは私たちの身近にない、遠い国の病気である。
今後アジアが最大の感染地域になると言われている。
日本ではAIDS患者は、2000年代に入ってから少しずつ減っている。
HIV感染後の全く症状のない期間を、無症候性キャリア期という。
HIVは、感染力の大変弱いウイルスである。
HIVは精液に含まれているので、コンドームは射精の直前につければよい。
HIV感染の告知は、本人より、まず家族に告げられる場合が多い。