EDUCATION LEADER NOW

エデュケーション・リーダー参加申し込み数 61,931
50問テスト回答数 43,157
エデュケーション・リーダー数 10,700
正解率 24.79%

(2011年01月19日現在)

お問い合わせ先

FM802 エデュケーション・リーダー・キャンペーン事務局

50問テストにチャレンジしよう!

HIV感染者、AIDS患者の増加は、一部の国に限られている。
HIV・AIDSの知識は自分だけがわかっていればそれでよい。
HIV感染者と一緒に風呂に入ってもHIVに感染することはない。
HIV感染者の咳やくしゃみでもHIVに感染することがある。
HIV・AIDSへの無関心がHIV感染者を増加させている。
HIVに感染すれば、誰でもすぐに自覚症状が出る。
HIV・AIDSは世界的に流行している感染症である。
HIV・AIDSについて気になる事があれば、大阪市や民間支援団体が行っているAIDS電話相談を気軽に利用できる。
AIDSとは、後天性免疫不全症候群のことである。
セックスによるHIV感染率は1%以下なので、セックスでの感染はまずありえないといってよい。
HIV・AIDSに対する無知から、偏見や差別が生じている。
AIDSは私たちの身近にない、遠い国の病気である。
HIV感染者といっしょにプールに入るとHIVに感染することがある。
HIV感染者やAIDS患者を社会が支える必要はない。
コンドームは、ていねいに、傷がつかないように取りあつかうべきだ。
HIVはごくまれだが、空気感染することもある。
同性愛者というだけで、AIDS患者という偏見をもつのは許されないことである。
HIV感染者やAIDS患者の血を吸った蚊に刺されるとHIVに感染することがある。
HIV感染の告知は、本人より、まず家族に告げられる場合が多い。
AIDSは薬物常用者や同性愛者だけの特別な病気である。
保健福祉センターや保健所・chotCASTで受けたHIV検査の結果は、電話や郵便でも知ることができる。
AIDSとは、病名の英語の頭文字をとったものである。
HIVに感染しても治療でウイルスを抑え込むことができれば、人に感染させにくい。
HIVは水中や空中では生きられない。
HIVに感染しても、AIDSを発症するまでに数ヶ月〜数年かかる。