EDUCATION LEADER NOW

エデュケーション・リーダー参加申し込み数 63,736
50問テスト回答数 44,861
エデュケーション・リーダー数 10,860
正解率 24.21%

(2011年01月19日現在)

お問い合わせ先

FM802 エデュケーション・リーダー・キャンペーン事務局

50問テストにチャレンジしよう!

涙や汗にHIVはほとんど含まれていない為、感染力はない。
HIVに感染してからAIDSを発病するまでの潜伏期間に個人差はない。
AIDSとは、病名の英語の頭文字をとったものである。
HIVの感染ルートや予防法は、はっきり分かっていない。
HIVに感染している女性が妊娠、出産すると子供には100%感染する。
HIV感染者と一緒に風呂に入ってもHIVに感染することはない。
HIVとは、AIDSを発症させる原因となるウイルスのことである。
HIVは水中や空中では生きられない。
HIVに感染したということはAIDSを発症したことと同じである。
HIV感染者といっしょにプールに入るとHIVに感染することがある。
HIV感染者、AIDS患者の増加は、一部の国に限られている。
セックスでHIVに感染する確率は非常に低いので、感染しているかどうか心配な相手でも常にコンドームを使う必要はない。
HIV・AIDSに対する無知から、偏見や差別が生じている。
HIV・AIDSについての正しい知識を伝えあうのは意味のあることだ。
HIVを体内から完全に取り除くことはできないが、ウィルスの増加をおさえAIDSの発症をおさえる治療がある。
日本では20代、30代の若い人たちにHIV感染が広まっている。
日本ではAIDS患者は、2000年代に入ってから少しずつ減っている。
HIVに感染しても、すぐに入院する必要はない。
HIV感染者の咳やくしゃみでもHIVに感染することがある。
HIVに感染した人の全員に風邪のような症状が出る。
HIVに感染しても長い間AIDSを発症していない人がいる。
コンドームはHIV感染予防に有効である。
HIV感染者やAIDS患者を社会が支える必要はない。
正しい知識を持って行動していればHIV感染は予防できる。
AIDSとは、子孫にも遺伝する病気である。