BEAT EXPO

DIARY

「世界の花屋」に土井印〜〜! #802EXPO

2018/10/17 Wed

土井コマキがいいなと思ったものに、土井印〜!
毎週水曜日に、オススメしたいアレコレをご紹介しています。
 
土井印(189個目)は
「世界の花屋」!!
 
惹かれる名前ですよね〜。
「世界の花屋」はその名の通り、
世界中の農園で出会った、美しくユニークな花や草を
届けてくれる花屋さんです。
  
5月に ルクアイーレの蔦屋書店で開催されていた
ポップアップショップで出会ったという土井ちゃん。
お話を伺うべく チーフバイヤーの小林さんに
スタジオにお越しいただきました!
 
皆さんも、野菜などは ”どこのだろう?"なんて、
産地を気にしたりするかと思いますが、
お花って「どこにはえてるんだろう?」なんて
あんまり考えたことありませんよね。
まず、それが気になるのが「世界の花屋」のお花。
 
花を見て「綺麗」と思う感情はよくあるけど、
「面白い」「珍しい」など、いろんな感情があるので、
こんなキーワードで、ひょっとしたら
もっとたくさんの人に興味を持ってもらうきっかけになるかも…
というのが小林さんの思いでした。
 
もともと本業は 商社業だったそうですが、
色々旅をして いろんな話を聞いて、
「なんだこれ!」の連続がそこにはあって、
追求するために世界に行きたくなった…
”農園で花を育てる人と、日本で花を飾る人の距離を縮めたい!”
そんな「知的好奇心」こそが 「世界の花屋」のきっかけだったんだとか。
 
今日、スタジオに 持ってきていただいた花束も、
見たこともないいろんな花が!!

・南アフリカの国花である「プロテア」
フサフサしているピンク色の花で、電球みたいな感じの形?
開くと太陽のようでかっこいいそう。
ドライフラワーにもなるので、長い間楽しめる!
 
・カーネーションのような赤い花びらのものは、ケニアのばら。
ケニアは、ばらの開発最前線!だそうで、
珍しい、面白いばらの開発がどんどん進んでいるんですって。
その一つがこちら!!  
 
他にも、イスラエルの中でも数名の人だけしか使っていないような
面がグリーン、裏がゴールドでフサフサしている葉っぱ、などなど、、、
この一つの花束を持っただけで、
世界旅行ができるくらい いろんなストーリーが。
 
小林さんは、月一で世界一周をして
農園でお花を買っているそうですが、
年間 100日が東京、256日は世界に飛んでいると、、、!
 
1週間前まで、アフリカに居たそうですよ。
             
▼土井印(世界の花屋)を聞く!
radiko.jp/share/?sid=802&t=20181017201857
(radikoのタイムフリーで 1週間後の 10/24まで聴くことができます)
       
  
世界を近くに感じられるような、そんな機会を提供したい。
そうお話されて居た小林さんですが、
「世界の花屋」は オンラインショップで 注文可能!
フラワーアレンジメントやドライフラワーを、
生産者のストーリーや、花の裏側にもスポットを当てて
ご自宅まで届けてくださいます。
 
そして! 11月からは、土井ちゃんも出会った場所
梅田蔦屋書店で 期間限定POPUP STOREがオープン!
 
今回は、週末限定で 実際に対面で花束を作ってもらえる
「話す・学ぶ・作る 世界の草花を束ねる時間」だったり、
11/3には トークイベント
「現地のコーヒーを飲みながら楽しむ、南アフリカと花の本当の話」を開催!
 
どんなお花?どんなところから来ている? 花を見て感じる疑問を、
蔦屋書店でとことん応えてくれるということです!
 
しかも、梅田蔦屋書店の 旅コーナーで展開しているので
すぐに旅に行ける準備が!!(旅行本もぜひ一緒に。笑)
 
詳細は、HPをチェックしてください!
 
http://real.tsite.jp/umeda/event/2018/10/sekainohanaya-fair.html
 
  
…ということで、今日は
世界にある花のこと、その土地のこと、
そして花のある暮らしのちょっとしたヒントを届けてくれる
「世界の花屋」に、土井印〜!
    
 
▼世界の花屋
https://sekainohanaya.com
https://www.instagram.com/sekainohanaya/?hl=ja
https://www.instagram.com/kunihirokobayashigp/?hl=ja
  
▼土井印 Facebook
https://www.facebook.com/fm802doiexpo/

TODAY

Timetable

19:45-19:55
[MON-THU]JAPAN SMART DRIVER GREEN BREAK TIME【JAPAN SMART DRIVER】

ページのトップへ戻る