FM802/FLiPLiPS(フリップ・リップス)

大阪のDAY TIMEを、明るく元気なDAYLIGHT TIMEにかえる4時間!

FLiPLiPS TOP

毎週月曜〜木曜 11:00-15:00 ON AIR DJ[月・火:内田絢子/水・木:加藤真樹子]

INDEX

沢井製薬HeartfulVoice
週末かとりっぷ

Facebookでいいね!してね



ヒガシマル醤油 CRACK A SMILE

EVERY THURSDAY 11:15-11:45

家庭でつくれる達人直伝料理

Recipe.1

「とうもろこしのババロア仕立て」

「とうもろこしのババロア仕立て」

今回の達人直伝料理は、こんなのをつくったら、確実に“料理上手”と言われる一品。旬の素材・とうもろこしの中でも、生食用の「味来コーン」という新種を使い、その特性を見事に生かし切っています。冷たいババロアを口に含むと、コーンの甘味と淡口しょうゆの香ばしさが口に広がり、鼻へと駆け抜けます。スープと前菜を合わせたようなメニューですから、ディナーはもちろん、ランチやモーニングのメニューに加えると、食卓がグッと豊かに、華やかになります。“洋食”の持つ“下町”的なイメージとは一致しない、“高級感”“お洒落感”をたたえた一皿です。

材料(4人分)

味来コーン…150g(実のみ)、生クリーム…100cc、牛乳…150cc、板ゼラチン…3g、バター…少々、淡口しょうゆ…適量、パセリ…適量

作り方

  • 板ゼラチンを氷水につけて戻します。
  • 味来コーンにハケで淡口しょうゆをまんべんなく塗ります。
  • (2)を200℃のオーブンか炭火で焼きます。このとき、焦がさないように注意します。しょうゆの香ばしい香りがしたらOK。
  • 焼き上がったコーンの実をはずし、その8割の実とバター、生クリーム、牛乳を鍋に入れて火にかけます(残り2割のコーンは別に取っておきます)。沸騰する直前で火をとめて、ミキサーにかけた後裏ごしし、もう一度鍋に戻します。
  • 鍋を火にかけ、焦げつかないよう気をつけながら丁寧にかきまぜます。沸騰したら、戻した板ゼラチンの水をよく切って鍋に入れ、よく混ぜます。
  • 板ゼラチンが完全に溶けたら、材料を鍋からボールに移し、あら熱を取った後ゼリー型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固めます。
  • 取っておいた2割のコーンをボウルに入れ、少量の淡口しょうゆを絡めます。
  • (6)が冷え固まったら型からはずして器に盛り、(7)の実をトッピングし、パセリを添えます。

オーナーシェフ 子田 貴之さんのワンポイントアドバイス

子田 貴之さん

とうもろこしを焼くときは、焦がさないように。苦くなったり、色合いが悪くなったりします。ババロアがゼリー型からはずれにくい場合は、器に張ったお湯にちょっと浸し、周囲を温めるようにするとはずれます。ボイルしたエビや塩ゆでしたそら豆、フルーツトマトなどを添えると、メニューとしてボリュームアップしますし、栄養バランスもよくなります。郷愁を感じるようなコーンの甘味と淡口しょうゆの香ばしさのコンビネーションを楽しんでください。