LIVE REPORT[過去のライブレポート]

LIVE REPORT [過去のライブレポート]

2012/09/16(日)@Music Club JANUS

  • 出演アーティスト:パスピエ/THE★米騒動/THEラブ人間
  • 取材・文:黒田奈保子
  • 撮影:Peta

関西から次代の音楽シーンを背負うブレイク間近な…というよりも今や間違いなし!なムードを漂わせるとっておきのアーティストをお届けしてきたライブイベント『GLICO LIVE“NEXT”』。第6回目を迎える今回は、THE★米騒動、パスピエ、THEラブ人間とジャンルもバラバラな3組が登場。FM802DJ・飯室大吾による開会宣言で、「平日開催が多いこのイベントが珍しく翌日も祝日です! たっぷり疲れて帰ってください!」と客席を煽れば、開演前から熱〜い声援が返ってきたこの日。さぁ、今回はどんなステージで観客を虜にしてくれるのか!? いざ、スタートです!

THE★米騒動

ファーストステージに登場したのは3組中最年少のTHE★米騒動! ライブ前のちょっとしたサウンドチェックからぶっとい重低音が響き、期待は大きく高まる。そして、「THE★米騒動です」というシンプルな自己紹介の後にかき鳴らされた音は、初っ端から一切の手加減なし。この夏に『19歳でぜんぶ終わる』という、何とも衝撃的なタイトルのミニアルバムをリリースし、各地のライブで凄みを増したバンド状態のせいか、とにかく勢いがスゴい! リズムの重さが最高にクールな『S.S.A』、変則的な音遊びが特徴の『Hys』と、石田(vo&g)と沖田(b)がステージの両翼で向かい合いぶつけ合った音を、坂本(ds)が押し出すように豪快に客席に投げこんでいく。社会や日々の生活から生まれる感情をそのまま落とし込んだようながむしゃらな音は、オーディエンスを圧倒! その空気を感じ取ったのか、MCではマイクスタンドに貼り付けていたグリコのお菓子を観客に取り分け場を和まる。

「うちらを(初めて)見た人はびっくりしましたか? 頭のネジ、1本外していってもいいんじゃないですか? グリコは好きですかー!? 踊れー!!」というMCを挟んで、女の複雑な感情の豹変や激情を見事に表現した、ダンサブルな『女の娘』では、オーディエンスの身体も自ずと揺れる。ここでちょっとした機材トラブルがあったものの、またもグリコのプリッツを客席に配り場を和ませる彼女たち(笑)。こんな展開も『GLICO LIVE“NEXT”』ならではの風景と言えるだろう。その後もアッパーな曲調ながらニヤリとさせるリリックが特徴の『家政婦はなにも見ていない』、ギターのカッティングがなんともスペーシーな『ブラック・ダンス・ホール』と立て続けにロックナンバーを披露。最後にピック代わりにグリコのビスコを客席に投げ込み(笑)、ステージは終了。イベントに大きなファーストインパクトを与えてくれた。

パスピエ

続いてのステージは先ほどの爆音世界からは一転、ポップでキッチュな楽曲が何とも魅力的な『電波ジャック』から、曲名の通り会場の雰囲気を一気に自分たちのものへとジャックしたパスピエ! 突如シーンに登場した彼らは、アーティスト写真もイラストだったりとバンドとしての情報は謎に包まれていたが、聴く曲のどれもが独創的で心弾むものばかり。バンド名はフランス語で“(舞曲における)軽やかなステップ”を意味するらしく、その名の通りか、ポニーテールにワンピ姿のまるで80年代アイドル風の大胡田なつき(vo)がゆるふわのお人形にように舞い、アニメーションの中のいるようなキュートな歌声で会場を魅了する。とは言え、パッと見はボーカルに心奪われがちだが、楽器隊のスキルの高さにも注目。露崎(b)のキュンとするボーカルを際立たせる剛柔うまく使い分けたベースライン、三澤(g)のしっかりとメロディを聴かせてくれるロッキンなギター。続く『チャイナタウン』では成田(key)の旋律がJANUSにオリエンタルな世界観を運び出すと、やお(ds)がソリッドなリズムでオーディエンスを踊らせる。『脳内戦争』では頭の中でおもちゃ箱をひっくり返されたように音が様々にミックス。緻密に作られたサウンド上を大胡田のキーの高い歌声が脳裏をくすぐる楽曲は、ループされる内にどんどんその中毒性を増していく。ストーリー性の高いバラード調の『プラスティックガール』では、前出のTHE★米騒動とはまた違った“女”の一面を、今ステージが初披露という新曲『名前のない鳥』で見せた強い芯には、バンドの可能性の高さを感じさせてくれた。“少女”だけではなく、時折“少年”を思わせるような楽曲に、オーディンエンスはぐんぐん引き込まれていく。

ライブの後半戦では、リズムの強弱の付け方が何ともダンサブルなFM802の6月度ヘビーローテーション曲『トロイメライ』、キラキラ&浮遊感のある『最終電車』と立て続けに攻め立て、あっという間にステージは終了。終演後にFM802DJ:飯室大吾に「今日のパスピエは今までで最高のステージ!」と言わしめるほど、思う存分に自分たちの世界観をオーディエンスに届けた彼ら。これからの活躍、間違いがなさそうです!

THEラブ人間

そしてこの日の大トリ、THEラブ人間がステージに登場すると、会場が大きく沸いた。1曲目の『東京』から音を出す瞬間の圧のスゴさに圧倒される。ただ音が大きいのではなく、一瞬で引き込まれるのだ。ここ最近のライブでの成長っぷりが凄まじい彼らだが、この日もさらなる成長を見せてくれることを確信。フォーク色の強い彼らの楽曲は、とにかくリリックの浸透力が素晴らしい。ちっぽけに感じる人生や自分の姿、それらを無理することなく等身大の大きさでステージで見せつけ、それらと真正面から向かい合う真摯な力。感情が吸い込まれて、只々圧倒されて呆然と見てしまう。『悪党になれたら』ではおかもと(b)の人間臭いブルースのリズムに愛おしさすら感じ、ツネ・モリサワ(key)のはっちゃけたプレイは楽曲全体を華やかにしてくれる。『アンカーソング』では、谷崎(vl)のバイオリンが奏でるメロディが鼓動のように弾み、楽曲の輝きを受け止めようとするオーディエンスの拳が高く挙げられる。続く『大人と子供(初夏のテーマ)』では、金田康平(vo)の力強くも憂いを帯びた声が、押し付けがましくない優しさも含んだ歌声が、会場後方の観客まで徐々に引き込んでいく。

ステージも後半戦に差し掛かるとバンドの勢いはさらに増していき、『ラブパレードは続く』では、金田が前のめりになって観客へ熱を届ける。MCでは「音楽は続く。次の音楽の担い手として、このライブがある」と、イベント出演への感謝を伝えるも、「ただ、ライブを見ているのは“今”!  次じゃない。次を担うことを考える前に、今この1小節にかける!」とラストの『砂男』を披露。メッセージ性の高い楽曲をメンバーそれぞれが熱量高く歌い、リズムやメロディにぶつけるや、この日のイベントの沸点に到達! アンコールを求める声が鳴り止まなかったのが、全てを物語っていたと言えるろう。

STAFF COMMENT

続いてはFM802DJ:飯室大吾による、イベント恒例の豪華詰め合わせ、グリコボックスの抽選会! ラッキーな5人の観客が選ばれ、会場全員で記念撮影し、この日のイベントは終了。次回のイベント開催は11月11日(日)、年に一度の“ポッキー&プリッツの日”!! この1年の集大成となるスペシャルなステージに、avengers in sci-fi、The Mirraz、POLYSICSが駆け付けるとなれば、期待しないわけにはいかないでしょ!