LIVE REPORT[過去のライブレポート]

LIVE REPORT [過去のライブレポート]

2013/05/23(日)@Music Club JANUS

  • 出演アーティスト:キドリキドリ/HAPPY BIRTHDAY/ピロカルピン
  • 取材・文:奥“ボウイ”昌史(ぴあ関西)
  • 撮影:田浦ボン

2013年、今年も遂にスタートするニューカマー・サポートイベント『GLICO LIVE“NEXT”』! FMステーションならではの今の空気感をキャッチしたDJプレイをバックに司会のFM802DJ飯室大吾が登場するや、「堺が生んだ水玉3人組キドリキドリ、ボーカル松木ちゃんの透き通る歌声に期待してください、ピロカルピン。きさちゃんあっこちゃんの2人組ガールズポップバンド、HAPPY BIRTHDAY!」と、この日のラインナップをオーディエンスにアテンド。期待感高まる会場の熱気をヒシヒシと感じながら、いざ2013年の『GLICO LIVE“NEXT”』、開演です!

ピロカルピン

2013年1組目でありこの日のトップバッターを飾ってくれたのは、鳥のさえずりからなだれ込む神秘的でカオスなSEを背に、重さのあるビートナンバー『未知への憧景』で幕を開けた4ピース、ピロカルピン! 続いて「生き残れるのは強い者ではない、賢い者でもない」とのMCから始まった『人間進化論』といい、紅一点ボーカル・松木(vo&g)のハリのある歌声が、きらびやかに楽曲を彩るギターとしっかりとしたグルーヴを繰り出すリズム隊と溶け合い、フロアに拡散していく。MCではアイスが大好きで毎日食べるというスズキ(b)が、「昨日はパナップのグレープ味を食べた」というリアルなエピソードも(笑)。さらに、ライブ前には毎回プリンを食べるという松木が、「今日はグリコのプリンを食べました!」と乗っかるなど、次から次へとグリコにまつわるエピソードが出てくる4人は、まさにこのイベントに打ってつけかも(笑)。

そして、後半戦は4月にリリースされた1stシングル『ロックスターと魔法のランプ』、バンドサウンドのダイナミズムで魅せるライブ初披露の『ハレルヤハレルヤ』と、力強いロックチューンを2連発! 続く映画『監禁探偵』主題歌『時の抜け殻』といい、6月5日(水)にリリースされるメジャー1stアルバム『太陽と月のオアシス』からの楽曲を惜しみなく披露する。そしてラストは、「あり得ないことなんてなくなる世界」との語りから『青い月』でエンディング。楽曲の世界へといつの間にかオーディエンスを誘う松木のしなやかなボーカルに、とにかく引き込まれたピルカルピンのステージ。また、“NEXT”ステップが楽しみなアーティストが1組、『GLICO LIVE“NEXT”』の歴史に名を連ねた。

キドリキドリ

オープニングのSEからクラップが発生、ブルーの光の中から現れた2番手は、大阪堺発世界行きの3ピースバンド、キドリキドリ! いきなりエモな『You will Realize』でオーディエンスのハートをガッチリ掴み、新曲『Watch Out』へ。いやはやちょっと見ない間にこの成長ぶりはいったいどういうことですか!? より世界標準にチューンナップされた楽曲群とバンドサウンドは、目を見張るものがある。続く『NUKE?』といい、タフなパフォーマンスでオーディエンスを刺激しまくる3人は、「僕らの曲の中で一番ゆるふわな曲」とか言っておきながら『Nerd In the Room』『HHH』と立て続けにライブウエポンをフロアに投入! 「『GLICO LIVE“NEXT”』皆さん楽しんでますでしょーか!?×3」と煽っておいての物販紹介など(笑)、音でもMCでも会場を翻弄し続ける3人。後半戦は、4月に会場限定リリースされた『Perdedor e.p』から『Silly』を、そして「今日を境に次のステップへと行きたいな」とラスト2曲『Every time』『Say Hello!!』をブチ込み、狂乱のライブは終了。関西からの新たな潮流としての鮮烈な印象と耳鳴りを残して、ステージを後にした。

HAPPY BIRTHDAY

突然のあっこ(ds)の暴走×妄想×寸劇から幕を開けたのが、この日の大トリHAPPY BIRTHDAY。彼女たちのライブ初体験の人たちからしたら、いったい何事かと思ったことだろう(笑)。そう、HAPPY BIRTHDAYのライブは、女の赤裸々な本音を綴ったポップソングと共に、シアトリカルな演出でも楽しませてくれるのが見どころ。絶妙な流れからいざ『魔法のタイムマシーン』に突入すれば、きさ(vo&g)のキュートな歌声とあっこのパワフルなドラミングで、オーディエンスのハートをわし掴み! 続く『恋暴動』でも、リズミカル&ワイルドなビートに乗ってきさがハンドマイクでステージを駆け回り、全身いっぱいに表現する姿に、会場からは思わず「カワイイ〜!」の声も。そして、現実世界と楽曲の世界をするりと行き来するMCから、『君だったら』を披露すれば、その切ない歌詞とメロディに、さっきまであんなに賑やかだった会場がグッと引き込まれていく…。ソングライターとしてのきさの非凡さと可能性を感じさせる珠玉のラブバラードに、会場から大きな拍手が巻き起こる。かと思えば一転それをブチ壊す、もとい盛り上げるあっこの“マグロ”コール(笑)。“マグロ、赤身、鉄火丼etc”と勢いに押されて連呼するオーディエンス…(笑)。そして、後半戦はファニーなキラーチューン『イチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキ』で、ド派手な照明ともあいまって大盛り上がり! 最後は「出会わなかった人なんて誰もいないから、きっと乗り越えていけるから」というMCと共に、ミドルチューン『目を開けて』を。時に泣かせて、時に笑わせて。今年最初の『GLICO LIVE“NEXT”』のフィナーレに、ハッピーな空気を運んでくれたHAPPY BIRTHDAYに感謝!

STAFF COMMENT

そして今年もイベントの締め括りは、恒例のグリコの豪華お菓子の詰め合わせ、グリコボックスの抽選会! ド頭から最後までワイワイとフロアが賑わった、2013年一発目の『GLICO LIVE“NEXT”』。なお次回は7/25(木)、場所は同じく心斎橋JANUS。出演は赤い公園、きのこ帝国、ふくろうずと、それぞれ女性ボーカルを擁する注目の3組。夏真っ盛りのこの日も、ステキなラインナップでオーディエンスをお待ちしています!