FM802

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Now On Air
DJ

DASH FIVE![05:00-07:00|DJ:樋口 大喜

大阪の早朝を駆け抜けるプログラム。スッキリした目覚めで1日のスタートを切りましょう!
Next Program
DJ

on-air with TACTY IN THE MORNING[07:00-11:00|DJ:大抜 卓人

“TACTY”こと大抜卓人のモーニングショーで、大阪の朝が元気にスタート!慌しい朝のひとときに、誰もが歌える聴き馴染みの選曲と、その日の仕事場で学校で話題になること間違いなしの知りたい情報満載の4時間。
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

802EXCLUSIVESFM802のエンタメニュース

program12.18.SUN.
12.18.SUN.

水野良樹(いきものがかり)とNakajin(SEKAI NO OWARI)の初恋とは?

水野良樹(いきものがかり)とNakajin(SEKAI NO OWARI)の初恋とは?

ラブソングオンリーの1時間!

12月は水野良樹(いきものがかり)×Nakajin(SEKAI NO OWARI)の対談を毎週お届け。
毎週日曜日21:00-22:00に放送中の
FM802の対談番組「Walkin'Talkin'-徒然ダイアローグ-」。

18日は3回目のオンエア。

今週は「ラブソングしかかからない週!」

まずは初恋の思い出から!

Nakajinは小学校の間はずっと男の子の友達と同じように女のことも接していて
中学1、2年生の頃に女子を意識するようになったんだそう。

隣の席になったきれいな女の子「あきこちゃん」が自分のことが好きなのでは、
といううわさを耳にして彼女を意識し始めてその子のことを好きになったのが
水野良樹の初恋。

この初恋エピソードには続きがあり、
小6でもう一度その子と同じクラスになり、
教室に合ったギターをクラスのひょうきん者男子が
面白おかしく弾く振りをして「あきこちゃん」が「かっこいい!」といっていたのに
やきもちを焼いて、当時すでにギターを持っていた水野は
「俺のほうが弾けるのに!」と体育館で出し物をするときに
Mr.Childrenの「CROSS ROAD」を弾き語り。
「よかったよ!」と言ってもらえたことで自信になった、
この体験がもしかしたらミュージシャンになった現在につながっているのかも、と教えてくれました。


中学でギターを始めたNakajinは
Fukaseとギターをあちこちで弾いていたことから
ギターを弾けることが学校内で広まり、
女子に「ギター弾けるの?」と話しかけられたことが
ギターを持ったことで広がる世界、ギターが自分の武器になることを感じて
それまでビビリだった性格が、少し自信を持てるきっかけにもなったんだとか。

Nakajinに初めて彼女ができたのは高校2年生。
バレーボール部だったNakajinはマネージャーの女子と付き合っていたそう。、
今までの人生で嬉しかった瞬間2つあって、
「SEKAI NO OWARIの楽曲が初めてラジオで流れたこと」「彼女ができた瞬間」が
「飛べるのでは?!」と思うぐらい嬉しくて
その感覚は現在のクリエイティブにも活きているかもしれない!とのこと。

「女性の歌うラブソング」というテーマでNakajinが選曲。
恋愛しているときの女子の気持ちがさわやかに伝わってきて
気持ちのいい気分になるきゅんとくる声の毎年春に聴きたくなる楽曲、と説明してくれました。
川本真琴 「DNA」

続いて同じテーマで水野良樹が選曲。
高校生ぐらいの頃、カラオケに行くと必ず女子誰かか歌っていた曲。
歌っている女の子も、聴いている女の子も泣いてしまう様子を見て、
こういう歌をいつか書かなくてはと思ったんだそう。
GO!GO!7188「こいのうた」


続いては、気になる最近の恋愛話。

最近「恋愛は面倒だから」と恋愛をしない20代、30代が多いというニュースがありますが、
水野良樹はその気持ちがわかる気がする、とのこと。

深い関係になればなるほど見える相手のいやな部分が増えたり
互いに干渉していくことが面倒だったり、わずらわしく感じることはわからなくない。とのこと

恋愛をして信頼関係を重ねていくのは時間のかかる作業なので
それが面倒なのかもしれない、というのはNakajinもわかる気がする、と。

バンドをはじめてから、バンドで成功することを目標に
ライブハウスを作りながら、大学に通って、アルバイトもして、と
とにかく懸命に打ち込んでいて、
それが彼女と別れる原因になってしまってから長く恋愛ができない期間があったそう。

今は、夢や仕事も大事だけれど
自分のオンとオフを上手に切り替えたら恋愛とも両立できるはず
と気持ちが変化してきたそう。

人に干渉されるのが苦手な水野は
自分のことは自分で決めたい!という気持ちが大きく、
人に対してもあまり干渉しないので
「あなたは何を考えているのかわからない」という理由で分かれてしまった経験がいくつか。

今の奥さんは、思ったことをはっきり言って干渉してくれる女性。
そこに気づきがたくさんあり、お互いに言い合うことの大切さがわかってきたんだとか。

自分たちは夢を見続けることが難しくなる年代だと分析する水野。
失敗したとしても自分を認めてくれる存在がいることが大切。
自分の目指していたものがだめであったときに自己否定に走らずにいるためには
その存在がとても大切だと語ってくれました。

続いて「男性の歌うラブソングをセレクト」
水野は男性の「バカさ」がある、いとしく感じるラブソングをセレクト。
ウルフルズ「サムライソウル」
かっこつけてしまう、やせ我慢してしまう男の人らしさが
愛らしく描かれているところに魅力を感じるんだそう。

Nakajinはバンドを大切にするがあまり彼女に振られる経験から
自分は大切なものを持ちすぎていて、捨てることができない
ということを感じて、彼女に対して言いたかったことが詰まった1曲をセレクト
サザンオールスターズ「ひき潮〜Ebb Tide〜」

大切なことがどちらなのかを選ぶことはすごく怖くて
何かを捨てる勇気は大切なことかもしれない、と2人でしみじみ。

さらにこのあとは、自分たちの書く恋愛ソングについて
話が展開していきます。


1週間以内であればタイムフリーで聞けますのでぜひ2人の貴重対談を
じっくりお楽しみください!

【番組情報】
FM802「Walkin'Talkin-徒然ダイアローグ-」
日曜日 21:00-22:00放送
https://funky802.com/wt/

FM802はスマホやPCでもきけます。http://radiko.jp/#802
radikoプレミアムなら全国で聴くことができます。

今すぐタイムフリー機能で聴く>> radiko.jp/share/?sid=802&t=20161218210000

(放送から1週間聴き返せます)