2020/06/28 Sun   ◇MORNING STORY◇

今日ご紹介したのは、、、
保阪正康の『近現代史からの警告』

どんな本かといいますと・・・

++++++++++++++

私たちは、近現代史から何を学ぶべきか?
ノンフィクション作家・保阪正康による、
歴史の大局観を養うための迫真の講義。

なぜ日本は「たった14年」で壊滅したのか?
高度経済成長が「戦争の失敗」を繰り返したのはなぜか?
明治日本はなぜ「帝国主義国家」以外の道を選べなかったのか?
戦前の日本が軍事学を軽視した背景とは?
「天皇がいるけれどいない」
大正の5年間は私たちに何を教えるのか?
日本のファシズム体制を形成するプロセス「三段跳び理論」とは?
「コロナ危機」を前に歴史から学ぶべきこととは?

私たちが必ず知らなければならない「歴史の教訓」を収録。
★緊急書下ろし「コロナと近代日本」。


オンエアでのご紹介はこちらから
タイムフリーでチェックしてみてください
radiko.jp/share/?sid=802&t=20200628104500