2017/08/20 Sun   ◇MORNING STORY◇

今週ご紹介した小説は、
浜口 倫太郎さんの「廃校先生」でした

あと一年。子供たちに何をしてあげたらいいんだろう。

閉校が決まった小学校には、四人の先生がいる。
十津川村に赴任して一年の香澄。
頼りないながらも子供たちに慕われるよし太。
自ら選んで僻地教育に従事する律子、そして校長の山中。

村内に中学校がない十津川では、
七人の生徒と子供の親―村の人々の生活の中心には小学校があった。

六年生の卒業式までの波瀾万丈の一年を描く、
涙腺決壊のエンタテインメントです。