2017/09/10 Sun   ◇MORNING STORY◇

今週ご紹介した小説は、
太田 愛さんの「幻夏」でした

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」
少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、
現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。

台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、
親友だった同級生は消えた。奇妙な印を残して…。

人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?
司法の信を問う意欲作です!