DIARY

*コマキ手帖:「心トキメク 洋服リメイク」 * #802TAP #802SDGs

2022-09-15

水曜20時台は<コマキ手帖>のコーナー♫

自分と社会、2つの「未来を耕す」をテーマに、
いろんな方にお話を聞いたり、体験していきます!

今回のお話は、、、 「 心トキメク 洋服リメイク 」

”心トキメク 洋服リメイク”を行なっているのは、
「ビームス クチュール」というブランド。

人気セレクトショップ「BEAMS」の倉庫に眠る
商品のデッドストック品などを、丁寧な“手仕事”でリメイクして、
個性豊かな一点物のアイテムへ蘇らせるブランドです。

デザインが可愛いのはもちろん、
通常 アパレル業界では廃棄される運命の“デッドストック品”を利用する
サスティナブルなブランドとしても注目を集めています。

今回は そんな「ビームス クチュール」を立ち上げた
デザイナーの水上路美さんに、お話を伺いました。


●「ビームス クチュール」を作ったきっかけは?

「いつかBEAMS内で自分のブランドを持ちたい」という夢をもって、
「レイ ビームス」でデザインを手がけていた水上さん。

10年経った頃、師匠であるデザイナー・神田恵介さんからの
「BEAMSのデッドストックってどうなっているの?」という
問いかけをきっかけに、デッドストックに着目。
2017年に「ビームス クチュール」を立ち上げます。

サスティナブルな面でも注目を浴びていますが、
”アップサイクルの為に”ではなく、あくまで
“可愛い服を届ける” という想いで立ち上げたブランド。
「可愛くないと トキめかない」ですよね♪


●リメイクのこだわりは?

こだわりは、元々のデザインを尊重すること。
その為、生地を切り刻んだりせず、元の形を生かし、
リボンなどの装飾を加えて 新たな価値を生み出しています。

色や形によって、1着ずつ異なるデザインを施し、
手仕事でリメイクするのは、やはり大変だそう。
ですが、そんなこだわりから生まれるのが…
”長く愛してもらえる服”

愛おしい服は捨てられない…
結果的にサスティナブルなところにも繋がるのです。


●他企業とのコラボも!

「ビームス クチュール」は、アパレル以外の企業との
コラボでも度々話題になっています!

例えば、スポーツブランド「FILA」のサンプル品をリメイクしたり、
「ジップロック」を手縫いでキャップにしたり、傘にしたり…!

イベントユニフォームの制作依頼もあったそう。
802のイベントユニフォームもぜひ作って欲しい〜…(⁎ᵕᴗᵕ⁎)
「楽しいユニフォームになると思いますよ!」と水上さん。


「ビームス クチュール」気になった方は、HPをチェックしてみてください!

来週は 引き続き 水上さんに 未来を耕すお話・SDGsについて伺います。


▼radikoのタイムフリー機能でもう一度聴けます♪
http://radiko.jp/share/?sid=802&t=20220914202225

▼BEAMS COUTURE
https://www.beams.co.jp/beamscouture/

DJ's

DJ

TODAY


09/28
19時台…THE RAMPAGE FROM EXILE TRIBEが登場!

TIMETABLE

番組Twitter @FM802EVENINGTAP

20:00-20:20
[THU]ぴあ La La Life【ぴあ】

ページのトップへ戻る