ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-[EVERY MONDAY-THURSDAY 21:00-23:44 ON AIR/DJ KENTARO OCHIAI]

DIARY

ダイアリー

2019/02/06 Wed
#RK802 -OCHIKEN Goes ON!!- TSUTAYA New Discovery LIVE:大橋ちっぽけ(@chippokeuta)
2/5 (火) 心斎橋 Music Club JANUS で行われた
ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-
TSUTAYA New Discovery LIVE

シンガーソングライター:大橋ちっぽけ
バンド:ヤングオオハラ
ラッパー:Rude-α
という 三者三様の才能で魅せた 最高の1日、
ライブレポートが到着しましたっ!

■Text by 奥“ボウイ”昌史
■Photo by 森好弘

<大橋ちっぽけ>

心地いいアコースティックギターの音色と、深く優しい歌声が寄り添うように始まったのが、大橋ちっぽけのライブだ。ギター1本と歌声のみでオーディエンスを釘付けにしてみせた「君と春」から、シンガーソングライターとしてのポテンシャルと存在感をまざまざと見せつける。

「ほとんどの方がはじめましてだと思うんですけど、僕は愛媛出身の20歳で、大学に通いながら音楽をやっています。今日はこれからの活躍が期待されるアーティストということで非常に恐縮ですが(笑)、よろしくお願いいたします」

続く「テイクイットイージー」、「地元の歌をやります」と奏でた「マツヤマ」でも、ギター、歌、メロディというミニマムな要素で、その街の匂いすら感じさせるような情景とノスタルジーを描き切るソングライティングが、本当に素晴らしい。拳を上げるわけでもなく、シンガロングするわけでもなく、心のもっと奥の方の気持ちを共にする。そこにいる全ての人々が歌詞に耳をそばだて、物語を共有するような独特の一体感。合わせ鏡のようにオーディエンスのフィジカルに反応させる即効性ではなく、メンタルに深く潜って突き刺さる「ダイバー」は、音楽だけでちゃんと1つになれることを見事に証明している。

そんな空気を作った後に、「僕はネクストブレイクできるのかな?(笑) 今日はそんなライブができていたらいいなと思います」とはにかんだ彼に、会場からは大きな拍手が贈られる。ラストは、大学受験の際に書いたという「オレガノ」。青春の葛藤が言葉の1つ1つから伝わってくるような苦さと瑞々しさが、その時代を楽曲に永遠に刻み付けたようなエバーグリーンさで胸に迫りくる。

目の前には、一見どこにでもいそうな20歳の青年。だが、放たれた音楽は、ここにしかない確かな輝きを魅せた全5曲。彼がMCで語った不安など軽々と吹き飛ばす、まばゆき可能性を見せた大橋ちっぽけのステージだった。