ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-[EVERY MONDAY-THURSDAY 21:00-23:44 ON AIR/DJ KENTARO OCHIAI]

DIARY

ダイアリー

2019/02/06 Wed
#RK802 -OCHIKEN Goes ON!!- TSUTAYA New Discovery LIVE:ヤングオオハラ(@youngoohara)
2/5 (火) 心斎橋 Music Club JANUS で行われた
ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-
TSUTAYA New Discovery LIVE

シンガーソングライター:大橋ちっぽけ
バンド:ヤングオオハラ
ラッパー:Rude-α
という 三者三様の才能で魅せた 最高の1日、
ライブレポートが到着しましたっ!

■Text by 奥“ボウイ”昌史
■Photo by 森好弘

あの「Y.M.C.A.」のご陽気なSEを背に最後にステージに登場したのは、トリを務めるヤングオオハラ! この日唯一のバンド形態での出演となった彼らは、しょっぱなの「新」から疾走感漂うロックンロールでオーディエンスの身体を揺らし、「改めましてヤングオオハラです! 調子どう? 踊れそう!?」(vo&g・ハローユキトモ、以下同)と間髪入れずに「サマタイ」を投入。ハローユキトモ、ヨウヘイギマ(g)、ミツキング(b)のフロントラインのコーラスが抜群に機能するダンスチューンは、4ピースバンドというオーソドックスなフォーマットにも関わらず、独特の語感とグッドメロディの黄金配合がとにかくクセになる。

「俺らと一緒にもっとキラキラしようぜ!」と煽った「キラキラ」でもそのセオリーは健在で、かと思えば、ノリバルカン(ds)の力強いビートに丁寧に言葉を乗せていくようなミドルナンバー「中南海」など、バンドの懐の深さを感じさせる様々なテイストの楽曲を、これぞライブな熱量とグルーヴで鳴らしていく。これでまだ結成して2年半、平均年齢20.75歳とは、いやはや恐れ入る。ブルーの照明を浴びながら、ボーカリストとしてのスケールを感じさせるハローユキトモの鋼の歌声が、JANUSの隅々まで包み込んだ「HANBUN」といい、ロックシーン云々なんて範疇では語れない才能に溢れた楽曲群には、未来しかない。

「こんなごちゃまぜのメンツのイベントはなかなかないし、お前らは音楽が好きだからここにいるんだろ? 最高だよ! 全力で拳を上げろ〜!!」

最後の「美しい」では、ハローユキトモがハンドマイクでオーディエンスの魂に焚きつけ、「また遊ぼうね!」という言葉とフィードバックノイズをステージに残し、全6曲30分を全力疾走で駆け抜けたヤングオオハラ。その強烈な余韻が身体から離れない超新星たちの三者三様のライブは、ネクストブレイクの期待にたがわぬきらめきに満ちていた。