DIARY

☆コマキ手帖:テーマ「みかん援農」 #802TAP

2020/09/16 Wed

水曜日は<コマキ手帖>のコーナー

「未来を耕す」をテーマに、いろんな分野のことを
実際にお話を聞いたり、体験しながら、紹介していきます


今日のテーマは先週に引き続き
「みかん援農」

みかんの産地 和歌山県海南市下津町で行われているプロジェクト「みかん援農」

和歌山県の農産物を生かした加工食品の製造・販売を手がけている「FROM FARM」さんがこのプロジェクトを取りまとめています
「FROM FARM」の大谷さんにインタビューした模様をお届けしました

「みかん援農」とは
一年で最も忙しく重要なみかんの収穫シーズン(10月から12月)に人手が足りないので、
収穫をお手伝いしてもらう人を募るプロジェクトです

シェアハウスで共同生活をしながら期間限定で農業に携わるお仕事ということで、
日本各地から学生さんが参加してくださっているそうです

参加してくださる学生さんは「季節労働」という季節によって様々な農業をお手伝いしている人が多く、
そこから新たにコミュニティができ、「みかん援農」や他のプロジェクトのことも広まっていくそう
「みかん援農」は始まって4年ですが、参加してくださる方の3分の1がリピーターと満足度が高め

しかし、そのプロジェクトに参加し移住したいと思っても一年中働くことができる環境は整っていないとのこと・・・
現在、その課題を解決すべく環境づくりに力を入れています

新たな地域の拠点を育てていきたいという思いから、
下津町で使われていなかった施設を様々な人が交流できる場所として
カフェ「KAMOGO」もオープン
和歌山県の旬のフルーツを使ったメニューもあります

未来に向けて「FROM FARM」「みかん援農」は
商品を作ることから産業を守り、まちづくりへと発展しています

そして「みかん援農」の取り組みの中にはSDGsに当てはまるものも!
「8働きがいも経済成長も」
「11住み続けられるまちづくりを」
「12つくる責任つかう責任」・・・
など、考え始めるとたくさんのSDGsとつながっていました
意外なところにSDGs
リスナーの皆さんも身近なSDGsについて考えてみてください

そして今年の「みかん援農」の参加者の募集がスタートしています!
詳しくはホームページをチェックしてください

「FROM FARM」が手がけている山椒・柚子・ドライフルーツなどのオンライン販売もチェックしてみてくださいね!


▼みかん援農
https://en-nou.net

▼FROM FARM
http://from-farm.com

▼コマキ手帖 Webページ
https://note.com/doikomaki/m/m7c699e3208c2

DJ's

DJ

PLAYLIST

TODAY

TIMETABLE

番組Twitter @FM802EVENINGTAP

19:46-19:53
[MON-THU]Early Noise Highlights
20:00-20:20
[THU]ぴあ La La Life【ぴあ】

ページのトップへ戻る