DIARY

*コマキ手帖:「パラグライダーからできたバッグ」 * #802TAP #802SDGs

2022-04-21

水曜20時台は〈コマキ手帖〉のコーナー♫

自分と社会、2つの「未来を耕す」をテーマに、いろんな方にお話を聞いたり、体験していきます!


今回のお話は・・・

 「 パラグライダーからできたバッグ 」


京都・亀岡市と、ファッションブランド「シアタープロダクツ」がタッグを組み、
役目を終えたパラグライダーの生地を使って作られたサステナブルなバッグ…
その名も「HOZUBAG」をご紹介しました。

とっても軽くて薄い生地、そして鮮やかなカラーが魅力的な「HOZUBAG」ですが、
どのように生まれ、作られているのか…

今回は、「HOZUBAG」のファウンダーであり、プロデューサーでもある
武内 昭さんにお話を伺いました。


●HOZUBAGについて

亀岡市で始まったプロジェクトということで、
亀岡を流れる「保津川」から名前がつけられた「HOZUBAG」
水の循環のように、“資源の循環を生むバッグ”を作りたいという思いも込められています。

ユーズドのパラグライダーの生地が使われていますが、
亀岡は、パラグライダーのスクールもあり、パラグライダーに適した場所なんだそう。
ですが厳しい安全基準によって使えなくなったパラグライダーは、
廃棄するか自宅保管するかで、これまでは行き場がなかったそうです…。


●HOZUBAGプロジェクトの始まり

亀岡市が2018年に「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を発信。
その一環で、パラグライダーを使ったエコバッグ作りのワークショップの依頼が
武内さんの元に来たのが始まり。
一過性のイベントで終わらず、事業化して継続しよう!と提案され、
「HOZUBAG」プロジェクトが動き出しました。


●HOZUBAGの作り方

全国から回収したユーズドのパラグライダーを譲り受け、
亀岡の工場で、解体・裁断・クリーニングを行い、協力工場で縫製し、製品として出荷。

パラグライダーの機体や裁断する場所ごとに違うカラーリングになり、それがまた可愛い!
というのがHOZUBAGの大きな魅力。
…ですが、製造過程でゴミを出しては意味がないので、
偶然出た柄が面白い、と考えていらっしゃいます。


●パラグライダーの生地はバッグにぴったり!

パラグライダーの生地は、とても軽量で強度の高いナイロン生地なんだそう。
人を乗せ空を飛ぶパラグライダーの生地が、バッグにぴったり というのは納得です。



興味を持たれた方は、オンラインストアでも購入する事ができます!
是非、HOZUBAGのHPをチェックしてみてください!

来週は引き続き、武内 昭さんに、
未来を耕すお話、そしてSDGsについて伺います!お楽しみに!


▼HOZUBAG
https://hozubag.com

▼これまでのコマキ手帖をまとめているnoteはコチラ!
https://note.com/doikomaki/m/m7c699e3208c2

DJ's

DJ

TODAY

TIMETABLE

番組Twitter @FM802EVENINGTAP

20:00-20:20
[THU]ぴあ La La Life【ぴあ】

ページのトップへ戻る