FM802 radiko

仁井聡子

エコのこと一緒に考えましょう
 エコに興味はあるけれど、なにからはじめていいのでしょう?
 日常にすぐにとりいれられて、おしゃれマインドを忘れずにエコに取り組みたいもの。
 そんなエコロジー、ロハスに関する情報を仁井聡子の視点でお届けします。
 みなさんが実践している、関心があるエコロジーやロハス情報もお待ちしてます!
 〈提供:象印マホービン〉
 

みなさんが実践している、関心があるエコ&ロハス情報をお待ちしています。
コミュニティに書き込み! リクエストメッセージを送る!


 
 
番組で紹介したエコ&ロハス情報
<FUJI ROCK FESTIVAL> 2018/07/21 Sat
今日のZOJIRUSHI GREEN GARDENでは
「FUJI ROCK FESTIVAL」をピックアップしてご紹介しました


来週末、新潟県苗場スキー場で開催されるFUJI ROCK FESTIVAL
会場が苗場に移って今回で20回目


苗場になる前はどこで開催されていたかというと
第1回目が富士山の山梨県富士天神山スキー場
2回目が東京ベイサイドスクエアで1999年から苗場となったわけですが
1回目と2回目は何しろこれが日本で最初の野外ロックフェスで
お客さんも慣れていなかったし、主催者側も手探りだったということもあって
ライブ終了後、会場はあたり一面ゴミ...
「自然と音楽の共生」をテーマに掲げたフェスとは思えない光景が広がりました

この教訓にして心機一転
苗場で開催された3回目からは
「ごみぜろナビゲーション」というボランティアスタッフが会場のゴミ箱の前に立って
ゴミの分別を徹底的に行いました

現在ではフェスでは当たり前になっている
会場内でもゴミの分別回収にフジロックは早い段階から取り組んだ結果
次第に観客のマナーも向上して
今では「世界で一番クリーンなフェスティバル」と海外で言われるようになりました

他にもフジロックはエコなことが色々あります
バイオディーゼルと太陽光などのソフトエネルギーで運営されるステージ
「ジプシーアバロン」があったり
会場のトイレットペーパーは前の年に回収された紙コップをリサイクルしたものだったり
入場時に配布される可愛いゴミ袋はペットボトルをリサイクルしたものだったりと
まさに自然と共生しながら19回開催されてきました


▼FUJI ROCK FESTIVAL
http://www.fujirockfestival.com/