6月1日、FM802は開局30周年! これを記念して6月1日と翌2日に大阪城ホールにてビッグイベント「FM802 30PARTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」が開催された!!  幕間には場内の特設スタジオからFM802のDJ陣による生放送の様子も大モニターで流されるというラジオとライブが地続きの大空間で、第1日目にはフジファブリックを、第2日目にはスキマスイッチとスキマスイッチBANDをホストバンドに、総勢21組の人気アーティストが共演&競演。ここでしか見ることのできない激レアなライブ&コラボそしてトークが、関西のミュージックラバーたちを狂喜乱舞させた2日間の様子をご紹介しよう!

 

【Day2】

スキマスイッチ/KREVA +スキマスイッチBAND

大橋の“大阪!”というひと吠えで、スキマスイッチが盤石の布陣から成るスキマスイッチBAND(以下BAND)と共に「Ah Yeah!!」で2日目の口火を切る。その詞世界とメロディは高揚感をもたらし、今日もミラクルを目撃できる予感大!だ。そして“昨日とは違ったジャンルなのでは?と思うので楽しみにしてください”(大橋)と呼んだのは、今年ソロ15周年のKREVAで、“頭から歌ってこ!”(KREVA)と今度はKREVA&BANDで人気ナンバーを“~2019 Ver.~”で3連投! スッと体になじむと同時にパワフルなラップで上昇気流を生む「Na Na Na」、再度スキマスイッチが登壇して2組でリゾートの気分も味わわせる「イッサイガッサイ」、さらに艶っぽい「音色」で軽々と観客を撃沈させていった。“長くやってるといいことあるね”(KREVA)というご機嫌のMCのごとく、長くシーンの先頭を走り続けるラッパーと今日のホストが繰り広げるエンターテインメントは極上。開始直後に全オーディエンスは完全にノックアウト状態に!


Official髭男dism

開始前DJ・大抜卓人が“神様もハマるほどの音楽をやります”と紹介すると、大歓声が起き予告どおりに「ノーダウト」でスタート。その愛嬌もあるグルーヴィーなタッチは、もはや“発明”と言える響きだ。また藤原はかつてメンバー4人で大阪城ホールにライブを見に来た思い出も明かし“(ここに立てて)今日は本当にうれしいです!”と感激を伝え、現在2週連続FM802リクエストチャート1位に輝く「Pretender」へ。今度はグッドメロディで言葉もしっかりと聴かせる彼らの別の一面で、半端ないセンチメンタルなひと時へと誘う。そして“FM802とバンドとみんなをつなぐ曲”(藤原)と、締めは2018年のヘビロ楽曲、「Stand By You」で“Oh,Oh”の大コール! ダイナミズムと抜群の一体感を会場に残していった。

絢香 +スキマスイッチBAND

中盤はFM802の大切なアニバーサリーゆえ!のゴージャスなコラボも連続。まずは絢香が、愛情がにじみ出る歌声でBANDと共に「にじいろ」でポカポカさせると“どこよりも先にかけてくれたのがFM802なんです”という思い出のデビュー曲「I believe」で、目を閉じ天を仰いで熱唱。そのひと言ひと言が深く深く染み入ってくる。するとそれを聴いて“相変わらず歌うまいね!”とKREVAが参加。異色の2人ならではの化学反応を起こして「Glory」をアカペラもラップも交えてドラマチックに描いてみせる。そしてKREVA が去り“ここで終わりと思ってるでしょ(笑)?”と、いたずらっぽく絢香が次に招いたのは、AI! 初共演という2人のディーバは、まるで楽屋のように女子トークに花を咲かせるも、「キラキラ feat.カンナ」を歌い出せば、圧倒的なボーカルが溶け合って壮観かつハッピーな色合い。曲後はギュッとハグして、ここからAIのターンに突入する。

AI +スキマスイッチBAND

出産後初のライブという彼女は“久しぶりでテンションが上がりまして……(笑)”と親父ギャグも多めに笑いを量産してから、なんと新曲「Summer Magic」の初お披露目の大盤振る舞い。そのトロピカルな調べに貫録あるボーカルと観客の“Oh, Oh”のコールが重ねられ、ジャングルにいる気にさえなるが、次は一転して「Story」。BANDの迫真の演奏がより感動的にAIの歌声を盛り立てるこの壮大なナンバーは、ファンの目頭を熱くし自然と大きな拍手がおくられる。だが、笑顔の似合う彼女は「ハピネス」をラストに選曲。体全体から放射するようなボーカルとオーラで、タイトルよろしく特大の幸せを音にのせ大会場を包んだ。絢香、KREVA、AIという、めくるめくリレーは、もうこれだけで“満腹”!


清水翔太+スキマスイッチBAND

割れんばかりの歓声を浴び、ダンサー2人を従えオンステージ! そして「Sorry Not Sorry」と「MyBoo」を立て続けると歓声は悲鳴に近くなる。ソウルフルなボーカル、肩の力が抜けたラップ、3人ぴったりのステップ……これには初見の人も彼のグッズのペンライトがあちこちで点灯するのも納得だろう。またMCでは“大阪、地元なんですよ”と学生時代のエピソードや通っていたスクールをライブ前に訪問した話も飛び出し“大阪と言えばやりたい曲”と2008年にヘビロになった楽曲「HOME」へ。ウィスパーからガッツリ歌い上げるアカペラまでの豊かな表現力で、MCで語った時代が重なる詞をダイレクトに伝える。するとこれに大橋が“あんなんいいな~”と反応して現れ、反対側の舞台に移ってスキマスイッチとコラボ。選んだのは「夏の終りのハーモニー」(井上陽水・安全地帯)で、常田の鍵盤を背景に清水と大橋の2声が繊細なハーモニーを紡ぎ、実に抒情的。観客は静寂のなか歌が人をとりこにする場面を目の当たりにした。

高橋優+スキマスイッチBAND

ほとばしる情熱をボーカルとギターに託して「虹」でガツンと攻撃開始! 絞り出される言葉が強く耳と体に打ち込まれる。そして続くのは「福笑い」。今度はエモーショナルな空気をはらみつつ、愚直で飾らない詞がスッと背筋を伸ばしてくれる。またMCでは11年前に初出演した「MINAMI WHEEL」のことを“11月20日の18時15分の回でした”と詳細に話すから驚き。その時の体験から“声を聞かせてくれますか?”とライブで言い始めたと告白すると、“本家本元はここなんですよ。大阪、声を聞かせてくれますか?”と「明日はきっといい日になる」へ! 彼ののびのびとした歌声にのせられサビではシンガロングも起き、全リスナーの心の扉がオープンになった。


BEGIN

イベント終盤、3人は名曲「恋しくて」でここまでの雰囲気をチェンジ。島のように浮かぶ後方の舞台からソフトなギターと鍵盤、そして泣き出しそうにも聴こえるボーカルがじわじわと広がって、ライブハウスのような親密な空間が形作られる。すると次は「海の声」の三線で沖縄の風景を聴く者のまぶたに映し出し脳内トリップへ。フロアは聞こえるはずのない波の音が聞こえてきそうなほどの“南国”になり、追い打ちは「防波堤で見た景色」でまったり。ひとり言のように歌われるナンバーはほっこりを通り越してグッとくる。どこまでもやさしくスルスルと浸透する音楽と開けっ広げのアットホームなトークには、大勢の人が癒されたことだろう。

JUJU+スキマスイッチBAND

魅惑のショータイムは小悪魔的なダンスチューン「PLAYBACK」で始動。色香漂う“PLAYBACK”の声が頭でリピートし出すが、続く「やさしさで溢れるように」の感傷的なメロディと伸びやかなボーカルは観客を深い曲の中へ引き入れて別世界へ。これには手を組みジッと舞台を見つめる人の姿も! だがエンターテイナーは茶目っ気あふれるMCでもおもてなし。しかもスキマスイッチが加わって3人での掛け合いも始まり、彼女の“素”が暴かれるというファン垂涎の内容になる。そんな2組は無論、音楽でもグッドコンビ。大橋とJUJUが目を合わせながらのデュエットと常田の透明感あるピアノは「明日がくるなら」の激情をさらに鮮明にし、ドキドキがとまらない全3曲を締めくくった。


スキマスイッチ+スキマスイッチBAND

イベントのオーラスはもちろんスキマスイッチ! そのテイクオフは静かなピアノから「奏(かなで)」と滑らかで、“泣き”のサビや荘厳さも感じるBANDの奏楽が琴線に触れまくる。そして“若い力を借りたいな……”(大橋)と藤原(Official髭男dism)を指名すると、藤原が“自分がカバーしてたアーティストとコラボできるなんて……”と「ガラナ」で参戦。藤原の大きなアクションと2人のうなるボーカリゼーション、さらに肩を組んでの祭りムードで観客をバウンドさせる。その爆発に大橋も“ステージをジャックされるとこだった(笑)”とこぼして藤原を送り、次は新曲「青春」で彼ららしい甘酸っぱさとノスタルジーを運ぶと、“(ヒットしないうちに)FM802がヘビーローテーションにしてくれたんです。そこからスキマスイッチは始まったんだ!”(大橋)と「view」でスパートへ! 流れる車窓のようなスピード感に2人もBANDもオーディエンスも弾けて昇天。大トリにふさわしい熱狂でスキマスイッチのライブは終演を迎えた。しかし冷めない熱は拍手となり、これにこたえてスキマスイッチ、Official髭男dism、KREVA、清水翔太、JUJU、高橋優が舞台にラインナップ。アンコールはスキマスイッチの「全力少年」だ。“全力出してやるよ!”と雄叫ぶKREVAのラップと贅沢過ぎる大合唱は広いホールをどよめかせ、最終は全員のジャンプで大地を揺るがし、ついに「FM802 30PARTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」はまばゆい眺めのなかゴールにたどり着いた!


エンディング

ラジオとリスナーへの思いを込めた全21組によるスーパーパフォーマンスは、名場面が目白押しで一瞬たりとも目が離せないものだった。この2日間でかけられた“音楽の魔法”は、この先もずっと解けることはないだろう。なお今回のイベントの模様は6月23日(日)19:00~22:00の番組「FM802 30PARTY RADIO MAGIC SPECIAL」でオンエア。ぜひチェックを!

写真:森好弘・渡邉一生
テキスト:服田昌子

セットリスト

  • 1.Ah Yeah!!/スキマスイッチ
  • 2.Na Na Na 〜2019 Ver.〜/KREVA
  • 3.イッサイガッサイ 〜2019 Ver.〜 /KREVA+スキマスイッチ
  • 4.音色 〜2019 Ver.〜/KREVA
  • 5.ノーダウト/Official髭男dism
  • 6.Pretender/Official髭男dism
  • 7.Stand By You/Official髭男dism
  • 8.にじいろ/絢香
  • 9.I believe/絢香
  • 10.Glory(feat.KREVA)/絢香+KREVA
  • 11.AI - キラキラ feat.カンナ (KIRAKIRA feat.Kanna)/AI+絢香
  • 12.Summer Magic/AI
  • 13.Story/AI
  • 14.ハピネス/AI
  • 15.Sorry Not Sorry /清水翔太
  • 16.MyBoo /清水翔太
  • 17.HOME/清水翔太
  • 18.夏の終わりのハーモニー/清水翔太+スキマスイッチ
  • 19.虹/高橋優
  • 20.福笑い/高橋優
  • 21.明日はきっといい日になる/高橋優
  • 22.恋しくて/BEGIN
  • 23.海の声/BEGIN
  • 24.防波堤で見た景色/BEGIN
  • 25.PLAYBACK /JUJU
  • 26.やさしさで溢れるように /JUJU
  • 27.明日がくるなら /JUJU+スキマスイッチ
  • 28.奏(かなで)/スキマスイッチ
  • 29.ガラナ/スキマスイッチ+Official髭男dism・藤原
  • 30.青春/スキマスイッチ
  • 31.view/スキマスイッチ
  • 32.全力少年/スキマスイッチ+KREVA+Official髭男dism+ 清水翔太+高橋優+JUJU