2018/06/17 Sun   ◇MORNING STORY◇

本を愛する男、浅井博章オススメ本をどど〜んとプレゼント!!!

去年12月(前回のSPECIAL WEEKS)から、
今日まで紹介した作品と、ドラマ化も決定した注目作、
合計6冊をセットにして、2名の方にプレゼントします!!

本多孝好「dele ディーリー」
⇒ 〈生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリー
「死後、誰にも見られたくないデータを、削除(delete)する。それがうちの仕事だ」
詐欺の証拠、異性の写真、隠し金――。
依頼人の秘密のファイルを覗いてしまった所長の坂上と新入りの祐太郎は、
次々と事件に巻き込まれていきます。(7月クールのテレビドラマの放送も決定。)

早瀬耕「未必のマクベス」
⇒ IT企業ジェイ・プロトコルの中井は、 東南アジアを中心に交通系ICカードの販売に
携わっていました。 同僚とともにバンコクでの商談を成功させた優一は、
ある女性から予言めいた言葉を告げられます――
「あなたは、王として旅を続けなくてはならない」。異色の犯罪小説にして恋愛小説。

藤岡 陽子「手のひらの音符」
⇒ 45歳独身、仕事一筋だったデザイナーの水樹は、自社が服飾業から撤退することを
知らされます。そんな時、水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、恩師の入院を
知らせる電話があります。お見舞いへと帰省する最中、懐かしい記憶が甦ってくる。
〈あの頃〉が、水樹に新たな力を与えてくれる――。
人生に迷うすべての人に贈る物語!

湊かなえ「未来」(ハードカバー)
⇒ 「こんにちは、章子。わたしは20年後のあなたです」ある日、突然届いた一通の手紙。
送り主は未来の自分…。映画化もされた『告白』から10年、湊ワールドの集大成となる
書き下ろし長編ミステリー!!

池田久輝「ステイ・ゴールド」(ハードカバー/サイン入り)
⇒ 男はなぜ、刑事をやめたのか。そしてなぜ、犯罪に手を染めたのか――。
二人の刑事を軸に、犯罪とそれにまつわる人間ドラマを濃厚に活写したミステリー。
著者の故郷・京都を舞台にして紡ぐ、愛と友情の物語。

麻耶 雄嵩「神様ゲーム」(浅井博章の紹介オビ付き)
⇒ 小学4年生の芳雄の住む神降市で、連続して残酷で意味ありげな猫殺害事件が発生。
同級生と結成した探偵団で、犯人捜しをはじめることにした芳雄は
転校してきたばかりのクラスメイト鈴木君に、
「ぼくは神様なんだ。猫殺しの犯人も知っているよ。」と告げられます。
その数日後、芳雄たちは探偵団の本部として使っていた古い屋敷で死体を発見。
芳雄は「神様」に真実を教えてほしいと頼むのですが…。

当選発表はこの番組のエンディングで行います