2021-08-01   ◇MORNING STORY◇

今日ご紹介したのは、
浜口倫太郎「ワラグル」


漫才師が挑む笑いと涙と戦慄の起死回生物語

崖っぷちの中堅漫才コンビ、リンゴサーカスのボケ担当、加瀬凛太は、冬の寒空の下、絶望していた。
年末の漫才日本一を決めるKOM(キングオブ漫才の略)敗者復活戦で敗れ、
決勝進出の一縷の望みを絶たれてしまったのだ。
おまけに相方は、今年ダメなら実家の生業を継ぐと公言していたため、コンビも解散となった。
なんとかして漫才を続けたかった凛太の前に、先輩KOM王者からある情報が寄せられる。
死神の異名を取る謎の作家ラリーがコーチに付けば、KOM優勝も可能だ。
事実、自分もそうして王者になれた、というものだった。
半信半疑でラリーの元を訪れた凛太は、来年決勝に残れなければ芸人を辞めろ、と告げられる。


厚めの本にもかかわらず、スラスラと読める作品!
ぜひ読んでみてください♪

++++++++++++++


OAでの紹介を聴き逃した方は
タイムフリーでチェック↓
http://radiko.jp/share/?sid=802&t=20210801104500