FM802

RADIPASSをはじめよう!

  • 新規登録
Now On Air
DJ

SUPERFINE SUNDAY[07:00-12:00|DJ:浅井 博章


07時台…武田真治が登場!


▼7時台
☆武田真治からモーニングメッセージ到着
 
▼8時台
☆『HORIBA GLOBAL TIMES』
海外在住のSUPERFINEメイトから現地の様子を伝えてもらっています
今週はポーランドからのレポート
 
▼9時台
☆『ソニー損保 GO!馳走★HIGHWAY』
サービスエリアやパーキングエリアのグルメ情報をご紹介
 
☆『GRAND FRONT OSAKA GET THE CHANCE』
グランフロント大阪で活躍するストリートミュージシャン
「MUSIC BUSKER」の情報をお届け
 
▼10時台
☆『Music Party』
今週のテーマは【愛犬家アーティスト】
 
☆『Cleansui NATURAL STYLE』
自然や環境に関する話題をご紹介
 
☆『MORNING STORY』
ストーリーテラー浅井博章が物語の世界へご案内
 
▼11時台
☆『ニチレイ SAVORY BRUNCH』
おいしい音楽と食に関する情報をお届け
今週募集するレシピのテーマは【味付け海苔を使ったオススメレシピ】


☆プレゼント�
SUPERFINE SUNDAYオリジナルスマホリング:スパリン→1名
今週のテーマは愛犬家アーティスト
【当選者の発表は、Music Partyエンディング】
 
☆プレゼント�
「ニチレイ製品詰め合わせ」→3名
今週のセットは、『お弁当にGood! たっぷり野菜のトマトオムレツ』、『本格焼おにぎり』、『たれづけ唐揚げ』、『今川焼(あずきあん)』以上、4品。
ご応募には【味付け海苔を使ったオススメレシピ】メッセージも添えてください
頂いたメッセージは11時台にご紹介
浅井的No.1セイボリーレシピ “アサイボリー”に選ばれた方にも、
今週のニチレイ製品をプレゼント
※商品発送に必要ですので、電話番号の記載もお忘れなくお願いします♪
【受け付けは11時45分まで!】


Next Program
DJ

OSAKAN HOT 100[12:00-15:00|DJ:西田 新

オオサカの最新ヒット曲100曲をカウント・ダウンするFM802のオフィシャル・チャート番組!
NOW ON AIR NEXT PROGRAM
NOW PLAYING

過去のオンエア曲

ヘビーローテーションFM802のヘビーローテーションをご紹介!

2009年11月のヘビーローテーション

FM802がその月毎に自信を持ってリスナーのあなたに届けたい
「アーティスト・楽曲=FM802 ヘビーローテーション(ヘビロ)」今月はこちら!

OVERSEAS

This Is It/MICHAEL JACKSON
TITLE
This Is It
ARTIST
MICHAEL JACKSON

New Album「THIS IS IT」
Now On Sale
\2,520(tax in)
(Sony Music Japan International)

去る6月25日に急逝したマイケル・ジャクソンが、2009年の夏から2010年にかけて行う予定だった『THIS IS IT』ロンドン公演。幻となったその公演の、100時間以上にも及ぶリハーサル風景や舞台裏の映像で構成された話題の映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の公開にあわせて発売された最新アルバム。この作品には、劇中に登場する数々のヒット曲・代表曲に加え、82〜83年頃にポール・アンカと共作した秘蔵音源をもとに、ジャクソンズがコーラス参加して完成した新曲「THIS IS IT」を収録。幻のロンドン公演リハーサルの秘蔵ショットで構成される12Pのブックレットも話題。

DOMESTIC

Winterland/大橋トリオ
TITLE
Winterland
ARTIST
大橋トリオ

1st Album「I Got Rhythm?」
11.11 On Sale
\2,940(tax in)
(rhythm zone)

「一人なのにトリオ」。音楽家・大橋好規(おおはしよりのり)によるソロプロジェクト。
3歳からピアノをはじめ、18歳でジャズを学ぶために音楽大学へ進学。
その後、ピアノ・ギター・ベース・ドラムなど、あらゆる楽器をこなすマルチプレーヤーとして幅広く活動中。第一回CD SHOP大賞準大賞やItunes MUSIC STOREの「Japan sound of 2009」選出、大ヒット映画『余命一ヶ月の花嫁』の映画音楽制作など、数々の話題をまき、2009年5月にメジャーデビュー。
待望のファーストアルバムは『DANCE』をコンセプトに作られた意欲作。
1950年代〜70年代のジャズ/スウィング、ロック、カントリー、ファンクなどのミュージックをベースにした音作りが魅力である。